インドのインターネット市場について

2010.01.22 posted by 北川喜淳

今、自動車業界ではインド市場が注目されている。その市場に何十年も前から注目していたのはSUZUKIだ。しかしながら、このような日本企業は少なく、インドより中国が注目されることが多い。

私は中国よりインドに興味がある。ビジネスの理由ではなく人間性が好きなのです。
インドからはるばる日本にやってきたエンジニアは非常に優秀で努力家が多い。
奨学金で大学に入りいまも家族に仕送りをするといった話をよく聞く。
私はそういったバックグラウンドをもつインドのITエンジニアがとても好きで
インドの友達に会いに行ったことがある。

インターネットユーザーも増えており今後インド市場を狙う企業にとって
よい情報集中チャネルになることは確実だと思う。ただし、いつその時期が
到来するかは不明ではあるが非常に興味がある。

以下のグラフはインターネット人口推移である。2007年時点で日本が約70%に
対してインドは7%と約1/10である。でも人口は日本が1.2億に対してインドは
12億と約10倍の開きがあるため8,400万人となり実は日本と同じなのである。

この中で興味を引く記事がこれだ。
「インドの消費者景況感、世界2位:29カ国対象、日本は最下位」
http://indonews.jp/2010/01/229-2.html

日本はもう1990年代からバブルが崩壊して景気がよい時期を忘れてしまっている。

日本企業は今後どのようにこの市場に参入していくのか興味があるし、
今後自分も注目していきたいと思う!

この記事のタグ:

インド インターネット市場

Trackback(0)http://www.zenith-images.com/mt/mt-tb.cgi/12

関連記事