Adobe AIRを使用した「デジバイクアプリ評価版」のサービス開始

2009.04.13

オンラインファイル送受信サービス「デジタルバイク便」を運営するゼニスイメージ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:北川 喜淳)は、新機能として、Adobeのデスクトップアプリケーション実行環境「Adobe AIR」(Adobe Integrated Runtime)を使用した「デジバイクアプリ評価版」の提供を、4月13日(月)より開始します。

「デジタルバイク便」は、2004年3月からクリエイティブ業界に特化したファイル送信サービスとして開始され、現在全国約800社のデザイン事務所、印刷会社、設計事務所、広告代理店、エンターテイメント会社、官公庁等で利用されています。

新機能として、Adobeのデスクトップアプリケーション実行環境「Adobe AIR」(Adobe Integrated Runtime)を使用した「デジバイクアプリ評価版」の提供を開始します。

今回提供する「デジバイクアプリ」の評価版では、送信可能なファイルはドラッグ&ドロップでフォルダ毎添付可能です。アップロードファイルサイズは無料ユーザーの場合は通常の2倍の100MBまで、有料ユーザーの場合は契約サイズの5倍(最大で5GB)まで受付可能です。一般的なWEBブラウザでのファイルアップロードの操作に比べ格段に使いやすくなっています。

今後、共有フォルダ等の機能拡張の検討や利用者の意見を聞きながら操作性の改善や機能を追加してサービス化を行なう予定です。

■デジバイクアプリ評価版の特徴
 *リッチクライアント環境による操作性の向上。Mac / Windowsで利用可能。
 *1回あたり合計で最大5GB迄のファイルアップロード送信が可能。(※契約により異なります)
  転送速度は従来サービス比で約3倍を実現。
 *添付ファイル数は1度に100件迄、宛先件数の制限無し
 *アップロードの途中でも一旦処理を中止して修正後に再送信が可能
 *受取者向けの配送お知らせメールや画面の日本語・英語切替対応
 *デジタルバイク便の無料会員、有料会員であれば利用可能。

「デジバイクアプリ評価版」をご利用になる方はこちらをクリックしてください。

20090413_PressRelease_DigiBike_AIR.pdf

この記事のタグ:

Adobe AIR,デジタルバイク便,デジバイクアプリ